タバコの煙は臭いが強く落ちにくい

タバコの定番が紙巻たばこですが、紙巻たばこは先端に火を付けてシャグを燃やした煙が発生します。その煙の臭いは非常に強く、簡単に洋服に付着して簡単には落ちないことも多いです。タバコの煙は人からタバコ臭いと言われる原因ですし、タバコを吸わない周りの方にとっても迷惑をかけてしまいます。しかし、電子タバコならタバコのような強烈な嫌な臭いはしにくいです。理由は電子タバコが発生させる煙は主に水蒸気だからです。何かを燃やして発生する煙とは違うので、洋服などにも臭いがつきにくく、臭い自体もタバコのような悪臭は基本的にしません。タバコを思う存分に吸いたいけれど、洋服への臭い移りが気になる人や、家族から煙たがられている方は、紙巻たばこではなく電子タバコを吸うようにしてみましょう。

タバコの殻も吸い殻も出ない

タバコを吸い終わった後に残ってしまうのが吸い殻です。吸い殻もタバコの煙と同じく、そこからタバコの臭いが発生します。しかし、電子タバコはリキッドを取り替えて利用しますので、そのような吸い殻が出ません。吸い殻から発生する臭いがないのも電子タバコならではの良さです。また、煙草の吸殻を道端に捨ててしまうと、その吸い殻が環境破壊に繋がってしまいます。電子タバコの場合、リキッドに充填して使用するのでタバコのような吸い殻は発生せずゴミも少ないです。一つのリキッドで複数回利用できますので、タバコのように一本吸うごとにゴミが出ないので環境にも優しい仕様となっています。

pod型vapeは、リキッド式電子タバコであるvapeのうち、使い捨てのカプセル型のカートリッジを使うタイプのもののことです。